--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おじいちゃん

2012年01月06日 16:54

1月3日に大好きなおじいちゃんが天国に逝きました。
それを知ったのは仕事場から最速で帰れた朝の事でした
先月から風邪で寝たきりで覚悟はしてましたが信じられなくて
また、死んだと告げられた時は泣きました。

俺の人生の9割はおじいちゃんと過ごしています
学校が休みの日には友達とは遊ばずおじいちゃんとよくトイザらスに行き
いろいろなものを買ってもらい良くしてもらっていました
ゲームが好きなのも100%おじいちゃんのせいなんでしょうねww
夏休みなんて宿題が分からず、グズってるとよく叱られ
「じゃあもう今日はどこにも行かん!」とよく言われてましたww

おじいちゃんはカメラが好きでよく撮っていました(歴25年くらい)
どこかにいっちゃ俺や妹を撮り現像しては見せてもらったりするのが平日の楽しみ
一番の宝物は俺が試合でピッチングする姿を撮ってもらっている写真がある。



だいぶ昔の写真ですが試合開始の7球ピッチングの写真ですねー
ヒビが入っちゃいましたがずっと大事に飾っています。

通夜、葬式と終わったのですが未だに死んだなんて信じられません
いろいろしてもらっていますが恩返しなんてものが出来てなく悔いがありますが
俺の結婚式や俺の子どもを見せるのが夢でもあったので非常に悔しいです
最後のお別れの際も何も言えず泣く事しか出来なかった・・・。

自分で死というのが分かってたかのように、いろいろ妹に言ってたみたいですが
俺には葬式の時に声が聞こえました。 よく心霊スポットなどいって期待するけど
何も感じないから幽霊なんていないと思ってた俺に声が聞こえたんです
「ばあちゃん頼むぞ」って。 左後ろにいるんじゃないかと振り返っても現実になるだけで
なんでそういう声が聞こえたかは分かりませんが、最後の約束なので守りきりたいです

もっとこうしたかった なんて失って気付く事が多いのですが
おじいちゃんと過ごした数十年は感謝してもしきれないぐらいあります
でも、これからも出来る事なんてたくさんあります。 それをきちんとやって
上にいるおじいちゃんを安心させる事がこれからの俺の人生なのかもしれませんね

新年早々、暗い話しで申し訳ないですが綴ってみました
皆さんもおじいちゃん、おばあちゃんっ子ならしっかり大事にして下さい
死は必ず来るものでそれがいつなんてのは分かりません。
悔いの残らない生活をしなきゃいけませんね

それではまた。
次回の記事は次回作についてでも書けたらなと思います!


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://okashinico.blog16.fc2.com/tb.php/472-fbf6a61a
    この記事へのトラックバック


    Archives


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。