--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

録画、編集、エンコード環境1

2010年03月22日 03:05

みなさんこんばんわ。 録画などについて質問をされたら記事にすると
ずっと決めていて、質問を動画でいただきましたので書いていきたいと思います。
生放送でよく聞かれてたんですが基本的にスパークさんの存在で始めたものですから
スパークさんのブログを参照して下さいと言っていましたけどねwww

まずは録画・録音機材何を使っているのか?(リンク付き)
マイク
キャプチャーボード
分配ケーブル
ピン端子

機材は上記の4つを使用しています。 マイクは環境や自分にあったものを選ぶといいです
キャプチャーボードについてここで詳しく書いていきたいと思います
キャプチャーボード単体だけで録画を行うとキャプチャーソフトとTVの映像にラグが発生し
それを分配ケーブルピン端子を使ってラグを抑えています。

これだけで音合わせをするめんどくささが8割減されますし
動画の方で映像と音声にラグあったりするので超絶重要です
繋ぎ方としてはこうなりますが、PC内臓型のキャプチャーボードだとラグなしでいけます
僕は今後、内蔵型にしようかなと考えています。 TVがポンコツなのでw

※ダイレクトキャプチャーでもUSBはやっぱりラグは出るらしいです




絵が下手糞なので分かりにくいかもしれませんが、TVキャプチャーボードの方に
分配ケーブルを使用します。 ゲーム機を変える場合は本体のケーブル
ピン端子から抜けば問題はないので全然大丈夫です。

収録の際、気をつけてほしいのが、ちゃんと録画&録音出来てるかを確かめて下さいw
僕も最初の頃は数回あったので再収録という風にならないようにw
異常に萎えます。 はい。 気をつけてくださいね。

動画はGBほどの容量を食いますので、そこは個人で考えて収録時間を決めてください

ここまでの用意が出来たら楽しみの一つである、何を実況したいかを決めます
優柔不断な僕はいつも2、3つのソフトで悩んでおりますwww

あとは録音ソフトが用意されていれば、準備はOKです♪
基本的にフリーソフトを僕は使います。 長くなるので続きは折込で。


編集編

動画と音声の収録が終わった後の作業になります。
僕は最初、Windowsムービーメーカーを使用してましたが、現在の動画の編集は
Video Studioという編集ソフトを使っています。 こちらは有料のソフトなので注意
こいつがまた高機能ですし、慣れるとこっちの方が使いやすいです。

まずは、さきほど収録した音声、動画の音を合わせるところから始めます。
僕のように「はい、こんばんわ」と言ってる前には掛け声と同時にコントローラーを操作して
音を合わせやすいようにしています。 最初はこれも至難の技でした(笑)

僕は、動画と音声を合わせて保存してから編集をします
こっちの方が、音ズレしない安心感を持てるからですw

カット
kskネタは全部こちらで編集しております
あとは実況者さんの編集次第でいい動画が作れると思います!

Windowsムービーメーカーで保存などをする場合は
「ファイル」→「ムービーの発行」→「次へ」→ファイル名と発行先を指定して「次へ」
 →「追加の設定」から「Windows Media DVDの品質」を選んで「発行」

Video Studioで保存などをする場合は
「完了」→「最初のビデオクリップに合わせる」→「発行」
Video Studioはここで拡張子をいろいろと変えれますがここで変えてしまうと画質がw
なので僕は「最初のビデオクリップに合わせる」を選んでから保存をしています。

あとは編集次第、動画時間なので保存時間が決まってきます。



エンコード編

いろいろとソフトはありますが、僕はフリーソフトのMediaCoderです
ニコニコではmp4やFLVなどの拡張子じゃないとダメな上に容量も決められています。

一般会員では40MB
有料会員では100MB
このフリーソフトを使って、最良の「40M(100M)サイズのH.264」へエンコードします。
それを今から説明していきたいと思います

まずは、MediaCoderをPCを取り入れなくてはなりません
こちらは人によっては、バージョン的にエラーが出るそうなので0.6.1をDL
DLはこちらで出来るようです。 ほぼ囲炉裏さんのブログ参照ですが

最初は英語しか設定できませんが、後で日本語に出来ます。
インストールが完了すると、デスクトップにMediaCoderのアイコンが出来ているのでクリック。

そうするとWebページが開くので、閉じましょう。
(おそらくVistaだとエラーのログも出る)

デスクトップのアイコンをクリックしたことにより
画面右下に♪の様なマークが追加されます。
それを左クリックするとMediaCoderの画面が出てきます。

上のOptionを選択し、一番上のなんちゃらLanguageJapaneseをクリック。
変なダイアログ出てくるのでOKを押して、MediaCoderを1回閉じて再び起動します。

右下に♪マークが消えてたら、またデスクトップのアイコンをクリックして
またWebサイトを閉じて、右下のアイコンクリックしてくださいw
そうすると日本語になっているはずなので、各設定をしていきます。

まずはオーディオ設定をします。
エンコーダをNero Encoderにします。
まだこの時点では右の概要が切り替わってないので、一度ビデオ等のタブを選択し
再びオーディオのタブを押して戻ると概要の画面が以下の様に変わっているので
音声のビットレートを設定します。

だいたいいつも僕は56にしております。
もうちょっと画質にビットレートを回したい場合は48でいいかも。
MP3とは違うから48でも問題なさそうです。
右の概要のところでレートモードを「Target Bitrate」にしてください。



次にビデオ設定をします。
コンテナをDefaultにします。

動きの早い動画は、モードのところを
Two-Pass」 「Three-Pass」にするとより綺麗になります。



最後に画像を設定します。
リサイズにチェックを入れて、ニコニコ動画の規格サイズの512×384にします。
そしてフレームレートのチェックを外します。

,kk

とりあえず設定はこれで終了。
左上のAddから、ファイルの追加を選択。
(ドラックして持っていっても大丈夫です)
エンコードしたいファイルを読み込みます。

まだこの段階では概要のところに推定ファイルサイズが表示されてないと思います。
1回ビデオのタブに戻り、H.264を選択し直して下さい。
そして画像のタブに戻ると、推定ファイルサイズが表示されていると思います。

あとはこのファイルサイズが40MB(プレミアムなら100MB)以下になるように
ビデオのビットレートを調整します。

僕はビットレートを正確にギリギリで設定をしています。
計ってくれるサイトがあり、それでやっています。  こちら

Video Studioでmpeg発行した場合は
インターレース解除の設定をしないといけません。
画像タブのエフェクトボタン横のチェックを外し
エフェクトボタンををクリックすると新しいウィンドウが開くので
インターレースのところを「linear blend」に設定して下さい。

設定が全て終わればあとは右上の方のstartをクリックして開始します
これもまたPCのスペックによって完成時間が違うので寝る前とかがすごいいいですw

出来上がった動画は必ず確認をして下さい。 GOM PLAYERとかじゃないと
再生がされないので気をつけて下さいね♪

あとはニコニコ動画にUPすれば終わりです
お疲れ様でした。 また何か質問があればコメントくださると嬉しいです


コメント

  1. s(ry | URL | 7wMx5UPc

    始めまして~&初コメさせて貰います♪
    めっさ参考になるし、説明がわかりやすくていいです^^
    これで最高な動画が作成できます!!^-^


コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okashinico.blog16.fc2.com/tb.php/167-fe638ff7
この記事へのトラックバック


Archives


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。